BIOGRAPHY

Ovall is spiritual jazz/hip-hop band based in Tokyo. The band is led by Shingo Suzuki (bass/keyboard) whose recent solo album as trackmaker “The Abstract Truth” has been a worldwide success. In “The Abstract Truth”, he collaborated with various international artists such as Hocus Pocus from France, Blu, and Moka Only. Ovall’s lineup also includes Shingo Sekiguchi (Guitar) and mabanua (Drums). Shingo Sekiguchi is a jazz guitarist whose solid plays can also be heard in his solo album ”vusik”. mabanua, himself also being a trackmaker, is the artist of the moment in Japanese hip-hop scene as his album “done already” featuring international figures such as AKIL the MC of Jurassic 5, Kev Brown and Eshe (Arrested Development) has caught the attention of heads not only in Japan but overseas. With each member bringing unique musicianship and solid skill to the table, the band’s approach to hip-hop with fusion of live instrumentals and sampling takes listeners to the world of “Absolute Mixture Music” as Shingo Suzuki calls the style of Ovall.

Shingo Suzuki (ベース)、mabanua (ドラム)、関口シンゴ(ギター)によるトリオバンド。

2009年、アルバムリリース前にも関わらず朝霧JAMに出演、緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させ、オーディエンスから「ベストアクト!」という声が多数挙がる。

翌2010年3月に1stアルバム『DON’T CARE WHO KNOWS THAT』をリリース、iTunes HIP-HOPチャートで1位、タワーレコード bounce 年間チャートで総合8位(洋邦メジャーインディ含む)を記録。

2011年、EP『Heart Fever』をリリース、シングル「Feverish Imagination」がヒットし、その人気は不動のものに。

2012年、ヒップホップユニットGAGLEとのジョイント・プロジェクト<GAGLE×Ovall>としても活動を開始、アルバム『GAGLE×Ovall』をリリース。

2013年、2ndアルバム『DAWN』のリリース前に全国ツアーを敢行、アルバム収録曲をライブで初披露するという異例のスタイルが話題に。
しかし同年、メンバーのソロ活動やプロデューサー、ツアーミュージシャンとしての活動も急増し、多忙を極めた3人はOvallとしての活動休止を宣言。

2014年からはソロ活動に専念するが、2015年にはOvall名義で矢野顕子のレコーディングに参加、また藤原さくらのサポートではメンバー全員がバックバンドを務めるなど、様々な形でリユニオンを実現させる。

そして2017年、ファンやアーティストから復活の要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で再始動を発表。
約4年振りの復活ワンマンライブは即完、またファンクラブ限定で配信リリースしたアルバムに、再始動後初の新曲「Winter Lights」を加えた『In TRANSIT (Deluxe Edition)』をリリース。

2018年、FUJI ROCK、RISING SUN、GREENROOM、Sunset Liveといったフェスに多数出演、台湾での単独公演も成功させる。また、映画「ハード・コア」の劇伴やエンディングテーマ「なだらかな夜 feat. Gotch」、テレビ朝日系ドラマ「dele」の劇伴にも参加。

メンバー個々の活動もより活発化する中、お互いのスキルを持ち寄るかたちで“Ovall”という個体は日々スケールアップしながら回り続ける。

Shingo Suzuki

ベーシスト、キーボーディスト、プロデューサー、トラックメーカー。
2008年、Hocus Pocusなどが共鳴し参加した1stソロアルバム『The ABSTRUCT TRUTH』は、日本のみならずフランスやポルトガルのiTunes HIP-HOPチャートでTOP10入りするなど世界中で大ヒット。
その唯一無二のトラックメイキングは世界各国で話題になりYahoo!ニュースほか多数のメディアで「2008年最も驚きの新人アーティスト」として取り上げられる。

ベーシスト、プロデューサーとして矢野顕子、Chara、KREVA、PES (RIP SLYME)、さかいゆう、藤原さくら、ビッケブランカ、尾崎裕哉、Uru、福原美穂、Shing02、七尾旅人、環ROY、SALU、防弾少年団、PUNPEE、KOJOE、Wouter Hamel、illa J など様々なアーティストをサポート。さらに、グラミー受賞アーティストである Snarky Puppy 来日公演のサポートアクトに origami PLAYERS として出演。
また、SONY、docomo (カンヌ国際広告祭で3部門入賞)、JAL、JR東海、UNIQLO、JT、ジョンソン、KOSE、NISSAY、日清食品、ASICSのCM楽曲や、Music on TV、J-WAVEのジングル、フジテレビ系全国ネットドラマ「僕たちがやりました」の劇伴や、TVアニメ「コンクリート・レボルティオ」挿入歌プロデュースなど多岐に渡るシーンで活躍中。

mabanua

ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。
2ndソロアルバム『only the facts』はiTunesで1位を記録するなどロングヒットを記録。

Chara、Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、矢野顕子、くるり、RHYMESTER、ゆず、大橋トリオ、米津玄師、安藤裕子、SKY-HI (AAA)、SALU、Awesome City Club、Sick Team、DEAN FUJIOKA、藤原さくら、尾崎裕哉、秦基博、菅野よう子、福原美穂、BENI、Eshe (Arrested Development)、一十三十一などのプロデューサー、ドラマー、リミキサーとして活動。

また、Google、キユーピー、ユニクロ、SONY等のCMやテレビアニメ「坂道のアポロン」「スペース☆ダンディ」などの楽曲を制作。Toro Y Moi、Chet Fakerなど海外アーティストのオープニングアクトやHennessy artistryでおこなわれたMadlibとの即興セッションも話題になる。
U-zhaan × mabanua、Green Butter (budamunk × mabanua) などのユニットでも活動中。

関口シンゴ

ギタリスト、コンポーザー、プロデューサー。
ジャズ、ソウル、ロック、ポップスなどを独自のセンスで解釈した音作りが世界中から賞賛される。

プロデューサー、ギタリストとしてWouter Hamel、Chara、秦基博、矢野顕子、柴咲コウ、さかいゆう、藤原さくら、尾崎裕哉、BENI、SALU、あいみょん、Softly、上白石萌音、中田裕二、sugar me、福原美穂、Shing02 などをサポート。

ソロアルバム『Brilliant』をビクターエンタテインメントよりリリース。
アルバム収録曲が6曲タイアップとして起用されるなど各所で話題を呼び、韓国・台湾でもデビューを果たす。FUJI ROCK FESTIVALをはじめ数多くのフェスに出演。またアルバムに参加したオランダのシンガー Wouter Hamel と意気投合、ジャパンツアーのゲストギタリストとしてウーターバンドに招き入れられ、大成功を収めた。

また、docomo (カンヌ国際広告祭で3部門入賞)、Van Houten (アジア太平洋広告祭 ゴールド受賞)、Pioneer、SONY、TOYOTA、IKEA、資生堂、リクルート、MITSUBISHIなどのCMやJ-WAVEのジングル楽曲制作など各方面で活躍。