BIOGRAPHY

Ovall

Shingo Suzuki / mabanua / 関口シンゴ

Ovall is spiritual jazz/hip-hop band based in Tokyo. The band is led by Shingo Suzuki (bass/keyboard) whose recent solo album as trackmaker “The Abstract Truth” has been a worldwide success. In “The Abstract Truth”, he collaborated with various international artists such as Hocus Pocus from France, Blu, and Moka Only. Ovall’s lineup also includes Shingo Sekiguchi (Guitar) and mabanua (Drums). Shingo Sekiguchi is a jazz guitarist whose solid plays can also be heard in his solo album ”vusik”. mabanua, himself also being a trackmaker, is the artist of the moment in Japanese hip-hop scene as his album “done already” featuring international figures such as AKIL the MC of Jurassic 5, Kev Brown and Eshe (Arrested Development) has caught the attention of heads not only in Japan but overseas. With each member bringing unique musicianship and solid skill to the table, the band’s approach to hip-hop with fusion of live instrumentals and sampling takes listeners to the world of “Absolute Mixture Music” as Shingo Suzuki calls the style of Ovall.

1st アルバム「The ABSTRACT TRUTH」が世界中で大ヒット、Yahoo!やMySpaceでも“2008年最も驚きの新人アーティスト” として取り上げられたトラックメーカー/ベーシストShingo Suzukiによるバンドプロジェクト,Ovall(オーバル)。同じくトラックメーカーとしても話題のドラマーmabanua、ジャズギタリストとしても活動する関口シンゴという3人のプレイヤーを中心に活動。それぞれのソロアルバムではジュラシック5(AKIL THE MC)、ホーカス・ポーカス、Blu、アレステッド・デヴェロップメント(Eshe)、モカ ・オンリーなどと共演、世界中のヒットチャートに顔を出し話題をさらう。
またバンド名義でのアルバムリリース前に朝霧JAM2009に出演、緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一遍させオーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。Hocus Pocus、Wayna、Kenn Starr、Hanah、類家心平他世界中のアーティストが集結し出来上がった1stアルバムは英、仏でのリリースも決定!(featシンガー、ラッパーの豪華さのみならずメンバー自ら演奏しながら歌う曲も聴き所!)
サンプリングと生演奏のシームレスな融合で織り成す野太いグルーヴにカラフルなサウンドスパイスがブレンドされ浮かび上がるユニークな音像は聴く者を別次元へと誘う。進化するアブソリュート・ミクスチャーミュージック!次世代日本人バンドOvallに世界中から注目が集まる!

_Shingo Suzuki
ベーシスト、キーボーディスト、トラックメーカー。その唯一無二のトラックメイキングは世界各国で話題になりMoka Only, Blu, Hocus Pocus (20syl and DJ GREEM)などが共鳴し参加した1stアルバム『The ABSTRACT TRUTH』は日本、フランス、ポルトガルなどでTOP10入りし世界中で大ヒット。
MySpace NEWS/ Yahoo! NEWSでも「2008年最も驚きの新人アーティスト」として取り上げられる。Keyco、Hanahなどへの楽曲提供、プロデューサー、リミキサーとしても活躍。

_mabanua
ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。
全ての楽器を自ら演奏しドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、HIP-HOPのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りでジュラシック5AKIL THE MC、アレステッド・デベロップメントEshe、Kev Brownらとコラボした1stアルバム『done already』はヨーロッパ全域のiTunes HIP-HOPトップページでPICK UP、フランス、アメリカでのCD発売など各国で話題に。

_関口シンゴ
14歳でギターを弾き始め、20歳から作曲をするようになる。2006年より風景・映像の浮かぶ音楽をコンセプトにソロプロジェクト 「vusik(ヴュージック)」を始める。
2009年6月『Cinematic scenery is here』をTOY’S FACTORY MUSIC よりリリース。また、POPS ユニット「EART(アート)」のメンバーとしても活動中。

 

© 2010-2016 origami PRODUCTIONS